気にな〜る日記

今、気になること。考えること。思うこと。

『私の家政夫ナギサさん』いっぺんの悔いなし!今期ドラマで注目のドラマ第5話

TBS系火曜ドラマ夜10時『私の家政夫ナギサさん』8月4日放送の第5話見ましたかー?

とても良かったので、第5話のあらすじ&感想をご紹介します。

 

 

 

前置き

最近のドラマの中では、なんかほっこりする大好きなドラマです。

主演のメイ役、多部未華子さんが更にお美しくなったと話題にもなっていましたよね。

多部未華子さんと言えば、2011年日テレ系土曜ドラマ『デカワンコ』に主演したイメージが強く、当時はフリフリの可愛い衣装を着た少女でしたが、いつしか素敵な大人の女性になっておられました。

 

 

超簡単に、これまで 

バリバリのキャリアウーマン・メイ(多部未華子)のダラしないプライベートを見かねて、妹・唯(趣里)が“家庭の暖かさ”を知ってほしいと、送り込んだ『スーパー家政夫』ナギサさん(大森南朋)。

最初は“おじさん”呼ばわりで違和感だらけだったのに、いつの間にか“お母さんになりたかった”ナギサさんを受け入れていきます。

 

お父さん、お母さんは、嫁入り前の娘の家に“おじさん”が出入りしているのに不信感ゼロで、何の疑いもなくすんなり受け入れているのがすごいと思いました。(笑)

 

 

第5話のあらすじと感想

さて第5話は、親子喧嘩から意地の張り合いで疎遠になってしまった母・美登里(草刈民代)と妹・唯(趣里)が、父・茂(光石研)の還暦パーティーで仲直りをするお話でした。

お母さんの親心に泣けちゃいました〜(涙)

 

すっかりナギサさんを受け入れたメイ。

ある日部屋に帰ると、父の還暦パーティーで、サプライズで手料理を振る舞いたいと、ナギサさんから料理を教わる母の姿。

この機会に『唯と母を仲直りさせたい』とナギサさんに相談します。

 

ナギサさんは、唯に還暦パーティーでの料理のアシスタントをお願いします。

「絶対、お母さんには秘密で。」と唯は承諾。

 

当日、ナギサさんと共に変装した唯が、相原家独特の料理を食卓へ運びます。

いつしか、一緒の食卓を囲む家族とナギサさん。

懐かしい料理に、思い出が蘇ります…。

懐かしい映像と思い出たっぷりメインディッシュのハンバーグ。

 

母は、アシスタントが唯だと気付いていました。

 

それから唯の家族を招き、還暦パーティー再開!

だれも謝ることなく、お互いを認め合い、家族に戻りました。

 

家族とは、そういうものですよね。

言葉じゃなく、心で繋がっている…なんか、こんな幸福感久しぶりだなぁ〜♡

すぐに、『じじバカ、ばばバカ』になっていました。

 

そんな大活躍のナギサさんに、メイは興味深々です。

「ナギサさんのことが知りたい」と言うメイに対して、履歴書を差し出します。

“知りたくて知りたくて”だったメイは、

「そういうことじゃなくて…趣味とか、休みの日は何してるとか…」と言いかけ履歴書を見ると、

メイが就活の時に落ちた大手製薬会社のMR経歴が。

 

『ナギサさんって、ホント何者?!』

 

 

また、今後の進展が気になるライバル会社の敏腕MRで自宅がお隣同士の田所さん(瀬戸康史)は、

何か秘密を隠しているような…。

田所さんが部屋から出て来て、メイと遭遇した際に、部屋の中へ隠したものは??

「彼女はいない。」という田所さん。

メイが自分の部屋へ入ると、

「見られちゃったかな…?」と呟きました。

 

私の推測では、田所さんはメイと同じ種類の人間で、“プライベートがダラしない(片付けられない、家事が出来ない)人”なんじゃないかと思います。

最終的には、二人は共感してお付き合いしそうですよね。

そして二人の生活には、ナギサさんありきです。

 

『いっぺんの悔いなし!』

 

人生は選択の連続…、家政婦のナギサさんが欲しい〜!

 

さて、今日は6話です。

楽しみ〜♪