気にな〜る日記

今、気になること。考えること。思うこと。

鰻を食す『土用の丑の日』8/2は『二の丑』というらしい。

本日8月2日(日)は、『土用の丑の日』です。

2020年夏は『土用の丑の日』が2回あり、

『一の丑』が7月21日(火)、

『二の丑』が本日8月2日(日)です。

 

ということで、いつ食べたか思い出せないほど久々に鰻さんとご対面しました〜♪

 

寝起きに布団でゴロゴロしながらネットニュースを見ていると、今日が『土用の丑の日』ということを知りました。

“最近ついていないなぁー”って、

テンションが下がり気味だったので、

“これは美味しい鰻で運気を上げていこう!”

と旦那さんと相談し、どうせなら地元の老舗の鰻屋さんの鰻にすることに決めました。

地元で鰻と言えば一番の人気店です。

もう予約でいっぱいかも…と思いながら、予約開始時間AM9:30に電話をしました。が、やはり話し中でつながりません。

その後何度もかけ直し、やっとつながると、

出前は本日全部の時間帯が予約でいっぱいで、持ち帰りであればAM11:30受け取り分は出来ると言われました。

なんとか鰻さんとの御縁があったようです。

 

うな重(竹) 2900円税込×2人前

肝吸い 200円税込×2人前

ナルホット 200円税込×2人前

(ナルホットとは、ヒモを引っ張ると発生する約100度の水蒸気で温まる容器だとのこと。ホームページで、“おすすめ”とあったので興味深々でこの容器にしてもらいました。)

 

 AM11:30受け取り時間になり、久しぶりでどこだったけなぁと繁華街をゆっくり行くと、閑散とした繁華街の中に人だかりを見つけました。

お店の外では入れずに帰る方、持ち帰りを断られる方がいて、お店の中は既に満席です。

入口の扉には、“待ち時間120分” と書かれた貼り紙がありました。

レジの前は、持ち帰りの人が順番に会計をし、品物の受け取りをしていました。

鰻を焼く香ばしい香りと少し煙たいくらいの店内。やっと私の番がきて、鰻さんをゲット!

旦那さんの待つ自宅へ最速で帰りました。

 

いざ、実食!

f:id:egao_egao_egao:20200802181153j:image

容器が、返却必要の重箱ではないのでちょっと迫力には欠けますが…この容器が噂の“ナルホット”です。

早速、黄色のヒモを引っ張ると、

すごい勢いで蒸気が発生し、蓋が浮かび上がりました。思わず、手で抑えると危なく火傷寸前でした(・・;)

なかなか恐ろしい“ナルホット”です…。

 

f:id:egao_egao_egao:20200802182150j:image

肝吸いをいただいて、落ち着きましょう。

すごい肝の出汁が出ています。

f:id:egao_egao_egao:20200802182404j:image

なかなかの肝が入っていました。

油がのっている感じで、食べ応えがあります。

 

そうこうしている間に、7分経ち(“ナルホット”のヒモを引いてから7分〜10分後が食べ頃とありました。)いよいよ、食べ頃の鰻さんとご対面です。

f:id:egao_egao_egao:20200802183049j:image

うわぁ〜!お久しぶりです、鰻さん♡

タレと山椒を目一杯かけましょう。

f:id:egao_egao_egao:20200802183020j:image

ご飯にもタレをかけました。

見た目はやっぱり、重箱と違って高級感が…残念です。

でも箸で触れると、

ふわふわ〜♡

口に入れて、「やわらか〜い♡」

タレも甘すぎず、飽きなく食べられる!

あっという間に、完食しました。

 

旦那さんは、私が食べ始める頃には食べ終わっていました。

 

これで、明日からまた頑張れます。

鰻さん、ありがとう!

今日も笑顔で、御縁に感謝します。