新しい週の始まりは日曜日の夕方からカウントダウンが始まる

明日はまた月曜日。

新しい週が始まる。

 

『笑点』が始まる頃から、

明日から始まる新しい週のことを意識し始める。

なんか、どよ〜んって感じ。

 

そして日曜劇場を見終わった頃には、明日の段取りの具体的なことを考え始めてる。

 

「明日から仕事だあ⤵︎」

と思いながら、眠りにつく。

 

毎週毎週、この繰り返し。

いつも、土曜日と日曜日の競馬番組が終わるまでは仕事のことを考えないようにしている。

 

どんなに好きな仕事でも、度合いは違うが仕事の前夜は憂鬱なもの。

 

子供の頃と一緒。

「明日から学校だあ⤵︎」

 

私は休日が土日休みではない仕事をしたことがあるが、その方が仕事始めが月曜日よりは少し憂鬱感はなかった。

 

なんでだろう?

 

子供の頃からの習慣とズレるから?

 

だとしたら、日曜日の夕方から憂鬱と感じるのは幼い頃からの習慣を引きずっているのかもしれない。

 

幼い頃から勉強が、学校が好きだったら

今でも、今までも、

「ちびまる子ちゃん」と「サザエさん」

をもっと気軽に楽しむことができていたのかなー?

 

「ちびまる子ちゃん」も「サザエさん」も日常の生活を微笑ましく描いているところは同じ。

それは、日曜日の夕方に相応しい内容のものなのかもしれない。現実離れしたアニメがこの枠にこないのは、意味があるのかも?

 

お休みモードの脳に、負担を掛けず、やんわりと少しずつ現実に引き戻すためにちょうどいいのかもしれない。

 

明日から始まる1週間、また、頑張りましょう!