進化する歯みがき術 〜人もわんこも〜

音波振動ハブラシ『Doltz[ドルツ]』とは?

なんぞや?

大変失礼ながら、存知上げないのは私だけ?

敢えて情報を仕入れずに書かせていただいておりますが、なにやら最新技術のにおいがプンプンする商品でございますね〜

新しいもの好きで、性能が良いと聞けば飛び付いてしまう私です。お値段によっては、早速、使用してみたいと既に興味深々であります!

ただ商品知識がないので、とても名残惜しいのですが、『Doltz[ドルツ]』についてのコメントはこの辺に致します。もっと私の欲しいという熱量を伝えたいのですが、キリが無いし、誰も興味ないですよね(笑)

という訳で、私の歯みがきの話題に移ります。

私の歯みがきの歴史(年代をはっきり覚えていないので、順番に記載します。)

①歯ブラシのみ

        ↓

②歯ブラシ+マウスウォッシュ

        ↓

③イオン歯ブラシ+マウスウォッシュ

        ↓

④イオン歯ブラシ+マウスウォッシュ+舌ブラシ

        ↓

⑤電動歯ブラシ+糸ようじ+マウスウォッシュ+舌ブラシ

        ↓

現在は、通院中の歯医者さんの指導で、

(歯医者さんによって見解が違うと思うので、あくまでも、私のお世話になっている歯医者さんの一例です。)

1.ワンタフトブラシなるもので歯の根元を磨く。

(ここが一番重要で、だいたいの汚れを落とす)

2.通常の歯ブラシで歯の表裏面を磨く。

(私はこれまで力強く固めのブラシで磨いていたため、歯茎の面積が狭くなってしまっており、超柔らかめのブラシで軽くと指導されています。)

ここまでの時間は、2分位で良いとのことです。

3.糸ようじでしっかり根元の食べカスまで取り除く。

と、ここまでが歯医者さんからの指導で、

私はさらに舌みがきとマウスウォッシュをプラスしています。

年齢を重ねると、特に、歯の大切さ、歯の健康が気になります。

歯の痛みっていろいろな原因があって、他の病気ってこともあるらしいから恐ろしいですよね。

 

話は変わりますが、わんこの歯みがきについても少し書かせていただきます。

わんこの歯みがきも重要で、何もしていないと歯石が溜まって歯が抜け落ちたり、歯周病になって骨が溶けて皮膚に穴が開き出血したり、膿が溜まったり、顎の骨が溶けて骨折することもあるようです。また心臓や肝臓、腎臓に感染症を及ぼすこともあるので、とても恐ろしいですね。

遊びながら歯石が取れる作用のあるおもちゃや歯みがきガムもありますが、やはり歯みがきもできることならした方が良いです。

 

 

 

以前は歯みがきシートや歯ブラシで磨くしかなかったので、嫌がるわんこはなかなか難しかったのですが、今はというと、ごはんにj◯◯菌の粉をかけて食べさせるだけとか、ジェルを舐めさせるだけ、口腔内にスプレーするだけという商品も、獣医さんおすすめで出回っているので、進化してますよね〜。

  

 

長々と語らせていただきましたが、歯みがきは人でも動物でも口から食べるという動作がある限り、とても重要な体のメンテナンスであることは間違いないのです。

「面倒くさいなー」「明日の朝磨くから、このまま寝ちゃおっかなー」これまで生きてきて、何度も何度も頭をよぎった言葉で、実際サボったことも何度もあります…。でも、こうして記事を書いてみることで、改めて歯みがきの大切さを考えることが出来ました。

特別お題キャンペーンに感謝です!

このキャンペーンがなければ、自らは、絶対にお題にしようなんて考えることはなかったと思います。

パナソニック様

はてなブログ様j

ありがとうございました!

 

さ〜てと、うちのわんこたちと歯みがきしよーっと♪

 

<script language="javascript" src="//ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/jsbanner?sid=3450749&pid=885747196"></script><noscript><a href="//ck.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/referral?sid=3450749&pid=885747196" target="_blank" rel="nofollow"><img src="//ad.jp.ap.valuecommerce.com/servlet/gifbanner?sid=3450749&pid=885747196" border="0"></a></noscript>

 

 

電動歯ブラシ「ドルツ」特別お題キャンペーン #はてなブログ歯みがき週間 「私の歯みがき」

バナー
Sponsored by Panasonic